伝統文化

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 16:05

JUGEMテーマ:伝統文化

JUGEMテーマ:気になること

 

 

 

『文化』とは、日常生活や芸術・学問など、多くの分野で、各々の技術を高めていったものであり、その長年に培った技術が『伝統』となり、『伝統文化』と云う言葉にいきつくと云われています。「衣・食・住」の日常から「人それぞれの習慣」、「人があみだした様々な芸術」、「各々の地方の風習や文化」など様々な分野で伝統文化が世の中に存在しています。子どもの頃は『折り紙』を折って楽しんだり、お正月・成人式・冠婚葬祭などには、和装を着こなし様々な美をめでておりました。何気ない生活にも『伝統文化』に繋がる事も多々あると思います。そのような事から少し調べてみたいと思いました。

 

 

== 伝統文化とは ==
 
伝統とは何かということを言葉で言い表すことは難しいことですが、ある辞書によれば「世代を超えて受け継がれた精神性」とか、「人間の行動様式や思考、慣習などの歴史的存在意義」などといわれております。 
私たちは遠い昔から今日まで生きるために脈々と受け継がれてきたものがあります。それは私達が人間として生存・生活するなかで、社会全体として共有しながら受け継がれてきた生活様式や、種種の習慣、慣習・価値観などのです。そして地域に社会においては地域の特性が生み出した固有の習慣・慣習や生活様式、生活に根付いた技芸や風習も長い歴史にもまれながら伝統という形で受け継がれてきたものです。 
今日、私たちが伝統文化、伝統工芸、伝統芸術などは、それまでの長い歴史の中で形成されたなかでも特に普遍的に重んじられてきたものであり、地域に根ざし地域社会の生活様式と共に伝承されてきたものを言います。それは祭事や神事、伝統芸能や風習・行事として地域文化として伝えられてきたものや、嘗ては日常生活の道具として使用されたものが、使用価値から美術的価値や工芸品的価値に形を変えてその技法は匠の技として継承・伝承されてきたものです。 
伝統は、国を主体に受け継がれてきたものや、地域社会や家を主体に受け継がれてきたものなど、さまざまな形で今日まで継承・伝承されてきたものであり、これからも普遍的な価値と精神性、歴史的な存在意義として継承・伝承されていくものであると思います。
 

「日本伝統文化振興機構(JTCO)」より

 


 

== 大衆演劇 ==

 

大衆演劇

 

 鑑賞に専門的な知識を必要とせず,大衆の素朴な感情に訴え,風俗性の色濃く出ている演劇の総称。その意味では,今日では〈高級化〉〈専門化〉してしまった感のある歌舞伎や人形浄瑠璃にしても,成立期においては,大衆演劇であった。
また演劇の起源を考えれば,それは多くはある社会の祭儀の場における集団的な営為であったわけだから,その意味ではすべての演劇が本来的に〈大衆的〉なものであると言うこともできよう。 
しかし今日では,われわれはふつう演劇のすべてではなく,冒頭に述べたようなある種の演劇を念頭において〈大衆演劇〉ということばを用いており,具体的には新派,宝塚歌劇(少女歌劇),松竹新喜劇,ミュージカル,人気歌手やテレビタレントによる公演,その他の現代劇や時代劇など,俗に商業演劇と呼ばれる松竹,東宝を中心とした劇場を有する興行資本の製作によりたくさんの観客を集める公演のうちで,比較的伝統の浅い演劇が,大衆演劇の主流を占めている。  

 

「世界大百科事典 第2版」より

 

 以前、大衆演劇を観覧する機会がありました。余り広いとはいえない会場に、座布団が所狭しにぎっしりと引かれています。最初はこんなに入るのかなと思いながらも気が付けば、全ての座布団席が埋まって「満員御礼」状態です。そして開演すると観覧者全員が演者の佇まいを一つも見逃さないように集中してみています。

 

 前半はストーリ仕立て。後半は歌や寸劇など。後半では、演者と観覧者とも一体感に初めは驚きがありましたが、やがて、どんどん引き込まれていく自分がいました。色々なところから「おひねり」が舞い散りとても素晴らしいひと時でした。

 

※この画像は演者様に許可を取り、撮影させて頂いています。

 


 

< オススメの伝統文化 >

 

一般社団法人 日本和裁士会

 

 こちらは「きものを縫える方」「きものが縫いたい方」「きものを愛する方」の為のサイトです。

 


 

振袖・留袖・訪問着・色留袖・モーニングなどのレンタルサイトです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

振袖 レンタル 〔fg_338 / 青柳 白美清薫〕 フルセット レンタル着物 ...
価格:34800円(税込、送料無料) (2018/5/23時点)

 


 


 

目次に戻る

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM