学習院下・鬼子母神前

  • 2018.04.27 Friday
  • 10:38

JUGEMテーマ:東京のアレ

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

 

== 高戸橋(たかとばし)交差点 付近 と都電荒川線・学習院下駅==

 

夏祭り特集 2018

 

 

高戸橋(たかとばし)は新目白通りと明治通りの交差点です。
この場所は新宿区と豊島区のちょうど境界線付近にあたります。


 新目白通りに沿って神田川が流れ、ちょうど交差点付近の明治通りに橋が架かっています。名前の由来としては、豊島区高田の「高」と新宿区戸塚の「戸」を重ね合わせた名称に「橋」をつけたと云われています。

 

 高戸橋交差点の明治通りは、渋谷・新宿方面から池袋方面を結び、新目白通りは飯田橋・早稲田方面から谷原方面を結んでいる為に交通量が多く、主に平日の朝夕は、いつも渋滞しています。

 

 また、高戸橋交差点の明治通りに沿って都電荒川線の鉄橋も並設されています。都電荒川線が新目白通りから90度曲がり池袋方面を走りますが、都電荒川線を線路と車両を正面から取れる為、有名な写真撮影ポイントになっています。池袋方面を望み、駅が見えますが、この駅が「学習院下」です。

 

−− 高戸橋交差点付近と都電荒川線 −−

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

== 都電荒川線・鬼子母神前(きしぼじんまえ)==

 

 都電荒川線の駅名では読み方を「きしぼじんえき」と呼ばれていますが、しかし、近隣の法明寺・鬼子母神堂では「きしもじん」「きしもしん」と読み方が異なっています。理由としては、鬼子母神は本来仏教用語(サンスクリット語)を用いられますが、「ぼ」が漢音表記の為に、駅名では「きしぼじんまえ」と呼ばれているそうです。

  

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【DJI公式】新商品発売 Osmo Mobile 2 スマートフォン用スタビライ...
価格:16800円(税込、送料無料) (2018/5/22時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

4in1セルカレンズ iphone 自撮りレンズ マクロ10X 魚眼180度 広...
価格:3066円(税込、送料無料) (2018/5/22時点)


 

目次に戻る

 

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

 

早稲田・面影橋

  • 2018.04.30 Monday
  • 10:20

JUGEMテーマ:東京のアレ

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

 

ダイナミックレールパックで行く!夏休み特集

 

 

== 早稲田(わせだ)付近 ==

 

早稲田は都電荒川線の始発着駅です。
地名の通り、早稲田大学を中心に発展した大学街です。

 

 早稲田の地名は、近くに神田川(旧・江戸川)が流れ、その入り組んだ神田川を利用した水稲の田園が多く有り、毎年、凶作に備え、普通の田植えより早めに田植えをしていた為に、早い稲の田として早稲田と名付けられています。

以前この場所(豊島群早稲田村)に早稲田大学創始者・大隈重信が東京に住む際の別邸(明治7年頃)があったことから、隣接する豊島群戸塚村に明治15年、早稲田学校・戸塚学校の名称を経て、東京専門学校(後に早稲田大学)が創られ、大学街となってきたようです。(現在では大隈重信の別邸跡地に大隈庭園が設けられています。)

 

 近くには、日本や東洋の絵画・美術品を展示している會津八一博物館。シェークスピアや歌舞伎のなど演劇分野などの資料を揃えている坪内博士記念演劇博物館などが有り、無料で見学することが出来ます。さらに甘泉園公園や神田川沿いでは、季節の花など撮影ポイントが所々に点在しています。

 

 神田川は昔、染めものが盛んでした。少し上流の中井・落合などには、幾つもの染もの工房さんがあったようです。昔は染物というと浅草周辺が主流でしたが、水質の悪化から、綺麗な水を求め神田川に根付いたようです。

面影橋付近には「東京染ものがたり博物館(富田染工芸)」があり、無料で見学できます。また、体験(有料)も出来るようです。

 

 

== 面影橋(おもかげばし)付近 ==

 

?????? 東京都新宿区西早稲田三丁目付近の目白通りに隣接する、神田川に掛かる橋の一つです。 
桜の季節になると、両岸に桜が咲く眺めの良い場所です。 神田川沿岸に散歩道があり、近年朝方には、多くのマラソンランナーが見受けられます。

 

 桜の季節になると多くの観光客も訪れ、隣接する都電荒川線も大賑わいになります。
多くの観光客が、都電一日乗り放題(400円)を利用し、面影橋、王子飛鳥山界隈などの桜の見どころを一日で観る事が出来るからです。


《 面影橋の由来 》


 目白台から続く鎌倉街道と推定される古い街道沿いにあり、姿見の橋ともいわれていました。?橋名の由来には諸説あり、高名な歌人である荏原業平が鏡のような水面に姿を映したためという説、鷹狩の鷹をこのあたりで見つけた将軍家光が名付けたという説、和田靱負(ゆきえ)の娘であった於戸姫(おとひめ)が、数々の起こった悲劇を嘆き、水面に身を投げたときに歌った和歌から名付けられたという説などが知られています。なお、姿見の橋は面影橋(俤橋)の橋で、別の橋だという説もあります。

 面影橋のたもとにあるのが「山吹の里」の碑です。
太田道灌が当地にタカ狩りに来た折、雨に降られ、農家で蓑(みの)を借りようとしたところ、その家の娘は庭に咲く山吹の花を手折って差し出します。ですが道灌はその意味が分からなかったようです。

しかし、後ほど「七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき」という古歌を暗示しており、「実の」「蓑」をかけていたことを知った道灌は自らの不明を恥じ、 和歌の道に励んだという逸話であります。面影橋周辺には染物の名残があります。

 江戸時代に、染め物業は神田や浅草に多くありましたが、下流の水が汚れたため染色に適した良質の水を求め、新宿の神田川流域に染めの業者が集まってきた歴史があるようです。面影橋を少し下流に進むと左沿岸に「東京染ものがたり博物館(富田染工芸)」があります。

 

?参考:『江戸名所図会より「新宿区・道とみどりの課」』・『東京新聞』????
??

−− 面影橋周辺の風景 −−

 

  

   

 

 

 

 

 


 

== 甘泉園(かんせんえん)付近 ==

 

 面影橋に隣接する庭園です。新目白通りを一本隔てた場所にあります。
歩いていると、水稲荷神社が見えてきます。

※面影場から水稲荷を目指す場合、新目白通りからは裏参道になります、表参道は坂を少し上った早稲田通りから大曲を下り、坂の途中にあります。
そして水稲荷神社の横に隣接するのが甘泉園です。


?四季折々の景色を楽しむ事が出来る、森林浴などを楽しめます。

 

《 甘泉園(かんせんえん)公園の歴史 》


 面影橋に近い、早稲田通りを一本隔てた場所にある「甘泉園(かんせんえん)公園」。この地は徳川御三家の一つ尾張徳川家の拝領地でしたが、その後、初代清水家の江戸下屋敷に置かれました。
「甘泉園」の名前の由来は、ここから湧き出ていた水がお茶に適していたからです。池を抱く森は周辺とは別世界の静けさを演出し、四季を通して訪れた人々をもてなしています。
明治時代に相馬子爵邸、後に早稲田大学の付属施設となりますが、東京都に売却され、新宿区へ譲渡され、現在に至ります。
?

??参考:『江戸・東京ぶらり歴史探訪ウォーキング』著・瀧島 有/『新宿区資料』

 

−− 甘泉園の春夏秋 −−

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 

 


 

目次に戻る

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM